DSTORM

LWCAD 2020 について LWCAD 紹介ビデオ LWCAD 2020 機能紹介ビデオ
LWCAD 2020 新機能&改善点 ギャラリー 動作環境 LWCAD 体験版 お問い合わせ

LWCAD 2020 について

LWCAD は、高度なスナップエンジンを包括した標準CADツールセットをご提供するLightWave用プラグインです。


一般的なCADアプリケーションでサポートされている様々な機能をサポートし、更に、複雑な建築物を手早く制作できるよう設計された建築ビジュアライゼーションツール特有のリアルタイムブーリアン曲線やポリゴンドリルといった機能もサポートしています。現行のLightWave 3Dでは未対応のNURBSカーブ、NURBSサーフェイスにも対応しています。


LWCAD は、これまで自動インストール機能および日本語ユーザーインターフェイスをご提供させて頂いておりましたが、メーカー(WTools社)の都合により、LWCAD 2020 以降は手動でのインストールならびにユーザーインターフェイスが英語表記のみに変更となりました。


ただしLWCAD 2020 英語版におきましても、日本語のインストールガイドやLWCAD 5.x日本語簡易マニュアルは変わらずご提供させていただきます。

LWCAD 紹介ビデオ

LWCAD の代表的な機能を紹介したビデオをご覧ください。LWCAD は、動画で紹介している機能以外にも、たくさんの強力なツールセットが含まれています。

※ ビデオにて解説されている内容は、LWCAD2020のマイナーアップグレードによって予告なく仕様が変更される場合があります。

LWCAD 2020 機能紹介ビデオ

LWCADの開発者Viktor Velicko氏製作のLWCAD 2020の機能紹介ビデオをご覧ください。

※ ビデオにて解説されている内容は、LWCAD2020のマイナーアップグレードによって予告なく仕様が変更される場合があります。

LWCAD 2020 新機能と改善点

新機能と改善点

 
  • Offset Curve (TR)(オフセットカーブ (TR))

    曲線をオフセットするための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール
    サーフェイスのエッジでも使用できます

  • Offset Edge (TR)(オフセットエッジ(TR))

    サーフェイスエッジをオフセットするための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール。
    新しいサーフェイスの再調整ルーチンにより、最小限のコントロールポイントで正確な結果が得られます

  • Round Corner (TR)(角の丸み)(TR)

    カーブセグメントとサーフェイスエッジのコーナーを丸めるための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール
    オーバーラッピングする丸みの新しい制限モード

  • Round Edge (TR)(エッジの丸み(TR))

    カーブセグメントとサーフェイスエッジのコーナーを丸めるための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール
    特別な場合の大幅な改善

  • Refine (TR)(リファイン(TR))

    NURBSカーブとサーフェイスを改良するための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール

  • Refine Edge (TR)(リファインエッジ(TR))

    ジオメトリのほとんどの湾曲部分にノットを挿入するための新しいアダプティブモード

  • Freeze Edge (TR)(フリーズエッジ(TR))

    NURBSをポリゴンにフリーズするための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール
    リファインツールに基づく新しいアダプティブモード

  • Road (TR)(道路(TR))

    カーブのネットワークを道路に変換するための新しいMeshTR(メッシュTR)ツール
    スケッチオプションを使用したオプションのカスタマイズ
    カスタムな道路の車線を作成するためのヘルパーカーブを生成します

  • Topology (TR)(トポロジ(TR))

    ジオメトリのトポロジ検査用の新しいMeshTR(メッシュTR)ツール
    カーブとサーフェイスのエッジの間の接続を表示します
    エレメント、エッジまたはセグメント、およびポイントのインデックスを表示します

  • Quads Patch (TR)(四角パッチ(TR))

    新しい四角パッチオプションの表示

  • Quad To Patch Cmd(四角からパッチコマンド)

    四角をNURBSパッチに変換する新しいクイックコマンド

  • Patch To Quad Cmd(パッチから四角コマンド)

    NURBSパッチを四角に変換する新しいクイックコマンド

※ 上記機能リストに記載の内容は、LWCAD2020のマイナーアップグレードによって予告なく仕様が変更される場合があります。

動作環境

Windows版

対応LightWaveバージョン LightWave 10.X / 11.X / 2015.X / 2018.X / 2019.X / 2020.X の 64ビット
推奨モニター解像度 1920 x 1080以上
OS Windows 7 64ビット
Windows 8 / 8.1 64ビット*1
Windows 10 64ビット*2
その他 インターネット接続環境*3

※ LWCAD 2020のユーザーインターフェイスは英語表記でのご提供になります。
※ LWCADをご使用になるLightWaveのバージョンの動作環境に準じます。
*1 LightWave 11.5以降のバージョンが動作対象になります。
*2 Windows 10は、LightWave 2020のバージョンが動作対象になります。
*3 本製品のユーザー登録や「アクティベーションキー(Activation Key)」の取得、テクニカルサポートへのお問い合わせの際に必要になります。

macOS版

対応LightWaveバージョン LightWave 10.X / 11.X / 2015.X / 2018.X / 2019.X / 2020.X の 64ビット
推奨モニター解像度 1920 x 1080以上
OS macOS 10.9(64ビットモード)以降*1
その他 インターネット接続環境*2

※ LWCAD 2020のユーザーインターフェイスは英語表記でのご提供になります。
※ LWCADをご使用になるLightWaveのバージョンの動作環境に準じます。
*1 LightWave 10 / 11.x / 2015.x / 2018.x は macOS 10.9以降が動作対象となりますが、64ビットモードで動作させる必要があります。また、macOS 10.11.X (El Capitan)でのご利用は、LightWave 2015以降のバージョンが動作対象になり、macOS 10.14.X(Mojava)でのご利用は、LightWave 2019のバージョンが動作対象になります。macOS 10.15.X(Catalina)でのご利用は、LightWave 2020のバージョンが動作対象になります。
*2 本製品のユーザー登録や「アクティベーションキー(Activation Key)」の取得、テクニカルサポートへのお問い合わせの際に必要になります。

お問い合わせ

LWCADのお問い合わせは、弊社セールスアンドマーケティング部までお問い合わせください。

株式会社 ディストーム セールスアンドマーケティング部
〒164-0011 東京都中野区中央四丁目7番17号 新中野ビル